千葉県の投票率、半数以下…『45.28%』という数字の理由は?

 こんにちは!ビービージョイン編集部です!
世間では大手お笑いタレント事務所の会見や有名youtuberグループの炎上など、色んな話題で持ち切りでしたね。
その中でも、7月21日には『第25回参議院議員通常選挙結果』が行われ、結果はさてき、投票率の低さが話題になっています。

千葉県の投票率はワースト1位! 45.28%…

 NHKニュースでは、千葉の選挙区の投票率が45.28%という数値が発表されました。これは戦後から3番目に低い投票率で、かなり低い数値だということがわかりますね。
 じゃあなぜ投票率が低い(投票しない)のでしょうか?

興味がない

とある番組の街中のインタビューにて、柏駅前の若者に「投票しない理由」を聞いたところ、
「自分の時間を使ってまで投票をする意味が見いだせない」や、
「結果誰になっても変わらない」、「興味がない」等話している人がいました。
政治への関心がない。それが直接的な原因になっていそうですね。

若者が投票しやすい『ネット投票制度』の導入を

Twitterや各種SNSを見ていると「ネット投票制度」の整備を求める声が多く感じます。
現在の政治活動等も、街宣活動ばかりで、政治に興味がない若者たちからすると、まったく響かない、伝わらない活動ばかりになっているのかもしれません。
投票率の低さを省みるのであれば、国は法整備を早急に行うべきでは?との声もありました。
 そこで、現千葉市市長の熊谷市長のツイートも話題になりました。

現実的に困難だと指摘する熊谷市長

 ネット投票制度の導入は大変費用が掛かり、技術的にも困難であるという指摘をされています。
 特にセキュリティ面や公平性を保つのが難しいとの議論がされています。

これから先。若者が投票するには?

「よくわからない」を減らす

 この記事を書いている自分にも言えることですが、やはり「投票がよくわからない」や「政治をよく理解できていない」人は多いのではないでしょうか?
今回の選挙も、何のための選挙なのか、自分が投票したら具体的に何がどう変わるのかも不透明だし、公約を守らなかったからといってどうなるわけでもない。期待できないから興味を持たないのではないのでしょうか。
 政治教育を見直す、抜本的に政治のシステムを見直す。そうでもしないと投票率はあがらないのでは、という意見もありました。

「政治に参加」をわかりやすく。

 投票をしよう!と言っても、誰に入れたらどうなるのかがわからない人も多いはず。だからこそ、政治に参加することが他人事に思えてしまう人も多いと思います。
 若者に対してのメリットをわかりやすくし、参加を促すことも、政治家の役目ではありませんでしょうか。

「政治を知る仕組みを作ろう」

選挙は国の方針を決める代表を選ぶ重要な政策です。若者が投票しないと、若者がどんどん住みづらい社会になってしまいます。
将来的なメリットを理解し、有権者はしっかりと政治に参加するよう心掛けていきたいですね。
 また、テクノロジーが発達している今だからこそ、投票率を上げれる仕組みは必ず作れると思います。
ぜひとも国にはそういったことを考えて、政治づくりをしていってほしいですね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. はじめまして!!編集部通信vol.1

  2. 〇〇の秋!?9月のイベント特集!

  3. 千葉ポートタワー フリーマーケット☆

  4. シェアサイクルで快適な千葉都市ライフ!ハローサイクリングについてのまとめ!

  5. 人気沸騰中の新スポーツ『パデル』を先取りプレー!

  6. 【地方創生 2.0】地方創生って、なに?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。